若ハゲの悩みは解消することが可能|ヘアケアで髪ダメージをカット

男性

薄くなった髪を増やすには

メンズ

男性の髪が薄くなるのは、脱毛ホルモンとその受容体が原因です。受容体は側頭部と後頭部にはないためこの部分が自毛植毛に使われます。メスを使わない方法と使う方法があり、多くの髪を移植する場合にはメスを使う方がおすすめです。

読んでみよう

若い世代が悩む薄毛

3人の男の人

年齢を重ねると共に、頭皮が薄くなってきてしまうといった現象は多くの男性に見られます。しかし、20〜30代でも、頭皮が薄くなってしまうことがあり、その現象を俗に「若ハゲ」と呼びます。薄毛の原因は、主に男性ホルモンの作用の変化によるものです。歳を重ねると、男性ホルモン中の髪の毛の生成に関わる部分に変化が生じ、髪が抜けたあとを補う新しい髪がうまく生成されなくなってしまい、薄毛となってしまいます。しかし、男性ホルモンの変化が見られる歳ではないのになってしまう「若ハゲ」の原因は、主にパーマやカラーの繰り返しによるものとされています。パーマやカラーを繰り返すことで髪にダメージが蓄積され、髪の毛の栄養素が減り、抜け毛が増えて、薄毛の原因となってしまいます。

若ハゲの効果的な対策は、シャンプーやリンスなどのヘアケア商品に気を使う、ということです。若ハゲの原因となってしまうパーマやカラーですが、若いうちはファッションとして様々な髪型を楽しみたいという人も多く、ずっと同じ髪色や髪型であると、それに対してストレスを感じ、そのストレスが原因でさらに若ハゲへとつながってしまう危険もあります。そのために、大事なのは、パーマヤカラー後のヘアケアです。パーマやカラーをした髪は、皮脂が減り、乾燥しやすい状態にあるため、頭皮の保湿力の高いヘアケア商品を積極的に使うように心がけます。保湿力が高まることで、パーマやカラーをしていても、髪に十分な栄養を行き渡らせることが出来、若ハゲの予防につながります。

1年の通院で発毛成功

女医

市販の育毛剤ではまったく発毛効果を得られなかった私ですが、AGA専門病院に1年ほど通院することで発毛を成功させることができました。AGA専門病院では無料カウンセリングで治療費の説明があるほか、初回診断で発毛効果の有無まで把握することができます。

読んでみよう

治療で薄毛解消

男の人

薄毛で悩み始めたとき、かつらなどで以前は対応していましたが、今ではaga治療もあるので自然な髪にすることが出来ます。専門のクリニックもあるので、頭皮の状態に応じて治療を受けることが出来ます。

読んでみよう