若ハゲの悩みは解消することが可能|ヘアケアで髪ダメージをカット

男性

薄くなった髪を増やすには

メンズ

髪が薄くなる原因とは

男性で前頭部と頭頂部の髪が薄くなるのは、脱毛ホルモンとその受容体が原因です。男性ホルモンの「テストステロン」が頭皮の皮脂腺から分泌される「5αリクターゼ」という酵素と結合して、脱毛ホルモンである「ジヒドロテストステロン」を生成します。脱毛ホルモンは、毛乳頭細胞にある受容体と結合し抜け毛が起こるのです。受容体は、前頭部や頭頂部に多くあるため、この部分が薄毛になったり脱毛してしまいます。受容体のほとんどない側頭部や後頭部は薄毛や抜け毛になりにくく、そのため自毛植毛にこの部分の毛髪が使われます。自毛植毛は、頭皮ごと毛髪を採取し抜け毛が気になる部分に移植していく治療法です。この手術は、植毛専門のクリニックで行われます。

毛髪の移植の方法とは

移植された髪は、一旦定着すれば半永久的に自分の髪として生え続けます。脱毛しにくい側頭部や後頭部の毛髪を移植したので抜けてもまた生え変わってきます。自毛植毛で、最近注目されているのがメスを使わない「FUT法」です。毛髪は、1本から4本程度の束になって毛根から生えていますが、この束を「毛包単位(FU)」といいます。FUE法は、直径1mmのパンチという器具を使い、毛根をくり抜いてそれを患部に移植する方法です。くり抜いた箇所は縫ったりせずに自然治癒に任せます。また、メスを使う「FUT法」は頭皮ごと毛髪を切り取る方法で、切り取ったあとは縫合手術が必要になります。しかし、大量の自毛植毛をする場合にはこの方法がおすすめです。